接遇研修・マナーセミナーのマナーセンス(講師:湯佐弘子)

接遇マナーなら湯佐弘子のマナーセンス 講師プロフィール

湯佐 弘子プロフィール

マナーセンス代表 湯佐弘子

自己紹介ワード

出身地 千葉県佐倉市
タイトル サービスプロフェッショナルコーチ

米国NLP協会認定マスタープラクティショナー

日本ペップトーク普及協会認定
ペップスピーカー

シナプソロジー普及会認定
シナプソロジーインストラクター

ディマティーニ・メソッド・ファシリテーター

精神的な目標 本当の自分で生きる
将来なりたい女性像 黒柳 徹子さん
特に影響を受けた人物 ウォルト・ディズニー
岩崎由純(日本ペップトーク普及協会会長)
栗村とも代(印象学研究家)
岸英光(ビジネスコーチ)
石川尚子(ビジネスコーチ)
大江亜紀香(NLPトレーナー・コーチ)
敬称略
所属している団体 日本ペップトーク普及協会
シナプソロジー普及協会
好きな場所ともの パリ、田んぼのある風景、虹、ロイヤルブルー
   
   

主な職歴

1982年 ディズニーランドをよく知らないにもかかわらず東京ディズニーランド開業前年の株式会社オリエンタルランドに入社。
初日のオリエンテーションでウォルト・ディズニーの精神に完全に共感。
約1年間本家ディズニーランドの指導者から教育を受け、開業準備をする。 東京ディズニーランド運営部ゲストリレーションズに所属し、メインストリートハウス、ツアーガイド、迷子センター・ベビーセンター、総合インフォメーションセンターなど接客部門で働く。
1988年 ワーキングホリデーでシドニーに渡る。I・D Tours South Pacificという旅行会社の現地ガイドとしてアルバイト。その後ビジネスビザを取得しツアーコーディネイターとして勤務。
1991年 ホテルイースト21東京にてコンシェルジュ、総支配人付秘書を経験。
1999年 ディズニーアンバサダーホテル開業前の教育を担当。開業後は総支配人代行デューティマネージャーとして勤務。東京ディズニーシー・ホテルミラコスタなどのマニュアル編集に携わる。
2005年 研修会社に講師として所属し、企業へ出向き研修を実施。
2008年 サービス業のプロフェッショナル育成を目標にマナーセンスを設立。ホテル、旅館、飲食、観光などサービス業界の他、病院、銀行、各地商工会議所など幅広い分野で研修、講演会を行っている。

以前の私、そして現在

子供の頃は引っ込み思案でおとなしい性格。高校生くらいまで赤面症でした。長年の悩みはどうしても自己肯定感がもてないことでした。これは非常に苦しいものでしたが現在は劇的にその思いが解消されました。

社会人になってからは「自分には足りないことばかり」というコンプレックスを埋めるためにアナウンスアカデミー、話し方教室、ウォーキングスクール、フリーライタースクール、語学スクール、瞑想、自律神経訓練など常に何かの学校に通っていました。私のような人間を「自己啓発オタク」という呼び方があると最近知りました(笑)。

40代になって出会ったある人のひと言が転機となり独立しました。現在もいろいろな分野のセミナーを受けたり、本を読んだり、人の話を聴くのが好きです。

それらをいかして、新しい発想の接遇マナーやコミュニケーション研修を創造しています。

医療、介護への思い

私が幼い頃から母親が持病のため入退院を繰り返し、晩年は介護施設にて暮らしていたため、医療、介護の現場を40数年見てきました。
2015年、母の介護に役立てる目的で介護職員初任者研修を修了しました。
サービス業以外にも、私自身が思い入れのある医療、介護職の方々へ向けて、仕事に誇りをもち、しあわせを実感しながら、患者さん、ご高齢者に貢献できる研修を提供しています。

目指す方向

人は、誰かの役に立っている、自分が成長している、楽しい、と感じられるものこそ一生懸命続けることができます。サービス業はそれができる仕事です。
つまらない、疲れる、楽しくないという感情に陥りながら続けるのは命の無駄遣いです。
自分自身がもっている優しさ、強み、創造性を発揮して、毎日をチャレンジと充実感でいっぱいにする。そのきっかけづくりをするのが私の役割です。

  このページのトップへ戻る

現在地:トップページ講師プロフィール