接遇研修・マナーセミナーのマナーセンス(講師:湯佐弘子)

接遇マナーなら湯佐弘子のマナーセンス 受講者の声

社員育成の基本(2日間)働く人を輝かせる育て方の感想は
↑こちらをクリックしてください。

電話応対の教え方の感想は
↑こちらをクリックしてください。

社員育成の基本 1DAY の感想は
↑こちらをクリックしてください。

↓サービスプロフェッショナルを受講した方の感想です。

医療法人事務職(50代女性)

サービスの本質を学ぶためのアプローチが良く練られていると思いました。サービス向上やハラスメント防止のためには人間の尊厳という概念を理解することも大切だと日頃感じているところですが、概念を理解するだけでは不足しており、「私はあなたを大切にしています」というメッセージを具体的に伝えるための「行動」にまで落とし込むことが大切です。この点、行動変容につながる優れたプログラムだったと感じます。研修を受けることの成果は意識改革→行動変容ですから、ここに焦点があたっていることが素晴らしいです。
声が小さい、滑舌が悪いなど、なかなか本人へ注意しにくいことも、練習という形で含まれていたので、自らの気付きにつながっていたと思います。2日間、時間を十分にかけてこその研修だと思います。

総合建設業 課長代理(40代男性)

このようなセミナーに参加するのが初めてでしたので、楽しみの中に少々緊張していました。しかし、すぐに緊張感もほぐれ、いろいろな気づきをいただけました。特に言霊について、普段使っている言葉は、良くも悪くも必ず自分に返ってくることを学び、優しさと愛情をもって、大切に使うことを心がけようと決めました。また参加されている皆様、向上意欲が高い方でしたので、いい刺激をいただけました。2日間はあっという間に終わってしまいました。大変有意義な時間でした。

サービス業(30代女性)

今回社外セミナーに初めて参加しました。前夜は緊張と不安でなかなか寝付けず、当日の朝の眠気とだるさでさらに不安に陥りました・・・。
セミナールームに入ったら先生の笑顔のお出迎えに少し緊張もとけ、またセミナー始まってからのワークでほかの参加者の方ともすぐに打ち解けていけました。
同じ目的をもった人の集まりだからか、このように社外セミナーを受講しようという志をもった集まりだからか、自然と一体感がわくものなのでしょうか。
年齢も性別も普段の役職も関係なく、以前からの知り合いかのような感覚に陥りました。

今回参加させていただいた理由は、接遇をジュニアスタッフにどのように伝えれば響くのか、また、このようなセミナーを行っている講師の立ち振る舞いを肌で感じたいと参加しました。

2日間の講義を終えて、人に伝える前に自分を変えなければ何も変わらない。というのが正直な感想でした。
自己重要感が満たされていなければ、相手の自己重要感を満たすどころか、対抗意識むき出しでけなしていくことになってしまう。
まずは自分自身をHappyに、家族や友人をHappyに、それができてこそプロの接遇がこなせるのではないかと感じました。

湯佐先生から出てくるオーラや、笑顔、声のトーン、声の柔らかさはとても学ぶものが多く、私もこんな指導者に、そして品格のある女性になりたいという目標ができました。

人材定着・採用(60代女性)

形式、講義内容が新鮮でした。
そして、先生の話し方、声のトーンが心地よかった。
肯定的なセルフペップトークで、理想の自分を育てることが重要だと知りました。周りの人への対応(言葉がけ)も肯定形で接すると、変わるのだと実感しました。
「あなたは大切な存在」このことを一人でも多くの人に伝えていきたい。介護の現場でも、笑顔の満ちた現場作りをしていきたいと強く感じました。
シナプソロジー、大変良かったです。脳の活性化、認知予防にも効果があるとのこと、職場でも活用できそうです。
2日間、若い仲間ができ、楽しく受講できました。

接客業就職予定(30代女性)

2日間ありがとうございました。フォローアップメールセミナー配信(セミナー修了から21日間)もありがたいです。ついついセミナーを受けただけで満足してしまいがちですが、今朝も届いているなと思うことで復習になります。
来月から接客業に初めて就くことになり、なにか準備できないかと思い立ち、受講することにしました。知人の経験談や口コミなどの情報もないままの申し込みはとても不安でした。
接遇研修というと挨拶の訓練やお辞儀の角度などを叩き込むイメージでしたが、本セミナーは『本質』とタイトルにあるように、人と人とのコミュニケーションを学び、良い接客につながる心の準備ができました。時間が経つにつれて受講生同士の間も和やかになっていくのがわかりました。
ペップトークも興味深く、あれから事あるごとに唱えています!

歯科 事務長/看護師(40代女性)

人としての在り方、振る舞いについて考える非常に良い機会となりました。人を不快にしないために、マナーを!と思っておりましたが、マナーを学ぶことが、こんなにわくわくすることだと思ってもいませんでした。

心の底から人を敬う気持ちが伴っていれば、相手はもちろんですが、自分も気持ちのいいものなのだと体感しました。

まるで別人になったのではないかと自分でも驚くほど、ポジティブな心の持ち方に変化していました。

そうは申しましても、思考の癖というものがありますので、
毎日姿勢を正し、ニーチェの詩を朗読し、お送りいただいている「サービスのプロが育つ話」を読み返します。また、おすすめいただきました本二冊も読んでみたいと思います。

スタイリスト(20代女性)

頭だけではなく全身で学ぶことができるセミナーで集中力を絶やす間は一切ありませんでした。実践の中で自身を客観的に見ることができ、私の改善点を言葉ではなく頭と身体で理解しました。それはとても衝撃的な体験でした。

本セミナーで学んだことを実践できれば、たくさんの悩める同僚や部下、家族や友人を救えます。その人を生かすも殺すもほんの少しの対応の差であることを学び得ました。そして、置かれた環境が悪くても自ら最高のコーチになり自分自身を応援する大切さを学びました。

習慣を変えるその難しさを考慮し21日間のフォローアップメールセミナーが用意されており、それがとても素晴らしいものでした。そのメールのお陰で2日間のセミナーがまるで21日間ずっと続いているような感覚になり、励まされました。

サービス業 事務職(50代女性)

HPで湯佐先生のセミナーを知って参加したいと思いながらも、人と話すのが得意ではなくとても緊張するので、セミナーでのワークを考えるとなかなか参加出来ず、5年間迷っていました。

今回思い切って参加出来たことが本当に嬉しかったです。私にとってとても大きな変化です。

自己○○○、本当に「聴く」ということなど、いろいろな場面で聞いたことはあっても、なんかしっくりこなかったことが、今回のセミナーでよく理解できました。

日常の業務に追われて、セミナーの内容を十分に復習できていませんが、そんな中で、毎日届くフォローアップのメールセミナーはとても嬉しいです。仕事の合間に何度かメールを読み返しています。
この2日間で学んだことを自分によく落とし込みをし、社内のスタッフが元気に楽しく日々業務が行えるようサポートしていきたいと思います。

サービス業 事務職(50代男性)

長年サービス業に携わってきて学んだことをもう一度原点に立ち返り、素直な気持ちで学び直す良い機会となりました。

従来のサービスやマナーに関するセミナーですと、とかく形式や手法論に偏りがちな傾向にあり、どこか本来求めているところと乖離してしまっていて違和感を覚えることもありました。 しかしながら本セミナーでは、人間性の探求や感情の状態管理、自他共に認め高めていく自己重要感の必要性など、サービス業の本質を理解していく上において本当に大切なことを大変理解しやすく、また印象にも残りやすい内容でセミナー進行していただけましたので、多くを学ばせていただきました。

そして、自己改革や組織改革のために真摯に真剣に取組んでいこうとする強い意識を持った方々とご一緒できたことも大変良い刺激となりました。
私自身、これまではどちらかと言うと独学・雑学傾向にありましたので、正しい知識や情報を再度自分の中に取り込むことで、今までの経験で培ってきたことにさらに磨きをかけ、真のサービスプロフェッショナルになるべく日々精進していく所存です。

飲食業(30代女性)

2日間は長い?受講料の元はとれる? と、ずいぶん前からこのセミナーの受講を迷っていました。受講した結果、2日間は楽しくてあっという間に過ぎてしまい、もっと長くていい。きれいな修了証が取得できたうえ、復習用にと「学び一覧表」までもらえ、そのうえフォローアップメールセミナーが21日間受講でき、あまりのサービスの良さに感動しました。湯佐コーチ、まさしくサービスのプロです。
「ディズニーでの教育研修は、ためになるだけではNGで、プラス楽しさが実感できてOKが出る」という体験談がカルチャーショックでした。もうひとつのセミナーが待ち遠しいです。

介護施設職員(40代男性)

セミナーの最初の頃は、とても緊張をしていましたが、セミナーが進んで行くと、緊張が少しずつほぐれていき、安心してセミナーを受けることができました。初めて会う人たちの中にいて、短い時間で、こんなに安心を実感できるのは、初めてで、とても楽しく、2日間セミナーを受けることができました。本当にあっという間の2日間で、もう少し皆さんと、セミナーを受けていたいと感じていました。この安心感というものを職場でも作れるように、していきたいと思います。

管理薬剤師(50代女性)

うまくいかないことを克服するために受講したセミナーでしたが、気がついてみると人間の面白さ、心理に目覚めた明るい自分が存在します。自分が使う言葉が自分を支配することが分かったので、仕事も家庭も個人的にもいい気分で、いい環境をつくる事が今のミッションであり、さりげなく自発的に行動することが毎日の課題です。湯佐コーチの「人は喋りたい生き物です」という言葉にハッとさせられ、「本当に聴く=事柄ではなく感情を受け止めること」を意識し毎日を過ごしています。さらにステップアップしたセミナーの受講も希望しています。ありがとうございました。

スポーツクラブ店長(20代男性)

楽しいセミナーをありがとうございました。セミナーの冒頭に「人間の取扱説明書はない」というお話をいただきましたが、セミナーの中でその一部を読ませていただいたように感じます。特に今の自分に必要なもの、、、それは「自信」であると強く感じました。
「自己認識を高めること」「現在の自分を丸ごと肯定すること」まずこちらを、実践に移していきます。
心に残った言葉は「命を懸けて仕事をしている」です。限られた人生の時間の中で、仕事は大きな割合を占めています。自分自身はもちろんですが、アルバイトスタッフにはそのように感じていない人も多いと感じました。「使命」=「命の使い方」 命を削って仕事をしていること。より幸せな人生を歩んでもらうためにも、今の職場での「役割」をしっかりと伝えてあげること、それがお店の中で一番できるのが、店長の自分であると感じました!やります! 
湯佐コーチは小学校の時の先生のようなオーラがあり、とっても安心してセミナーを受講できました(笑) 研修方法も含め、全てのことが勉強になりました!またセミナーに参加させていただきます!

ホテル勤務(30代女性)

さまざまな表現方法でセミナーが構成されていて分かりやすかったです。感情を動かされることが何度もあり、涙ぐむのを我慢したこともありました。
セミナー受講後の私の状況を表現すると、「目が覚めたような!」「探し物をみつけたような!!」「ワクワクして心が弾むような♪」感覚です。
管理職者として「皆が安心して笑顔で働ける職場づくり」をするという新しい目標もできました。組織が大きく変革には時間がかかりますが、スタッフのその後の人生に少しでもよい変化がもたらされるよう諦めずにがんばります。
私にとって大切な気づきを与えてくださり本当にありがとうございました。
「サービスのプロを育てる技術」のセミナーにもぜひ参加したいと思います。

サービス業(30代女性)

セミナーというものに初めて参加しました。このセミナーで学んだのは、サービスや教育をするのもされるのも人間だと言うこと。仕事だけに目を向けすぎて根本的なことを忘れてました。サービス業をしている私がサービスのプロになるためには、私自身を理解して自分を肯定することが大事なんだと。そうでなければ相手も大事に出来ない。人と人が関わる仕事だから葛藤や悩みも生まれるけど、それも考え方や視点を変えることで越えられる。
そこから人を育てることや接偶マナーを実践していけることにつながると学びました。
ずっと自分自身が待っていた答えや疑問の道しるべを教えられたようで本当に心に響くセミナーでした。

セラピスト・エステティシャン(20代女性)

人間の本能的な欲求や感情、脳のしくみについての内容が興味深く、勉強できて良かったと思いました。早速、ある人に普段の頑張りを認め、感謝の気持ちを伝えました。相手は、ほんと?!嬉しいと喜んでくれました。私自身もその人の良いところを見つけることが出来、とても嬉しい気持ちになりました。これを習慣付け、無意識の行動に出来るようにしたいと思います。人を大切に扱い、尊重する気持ちを持つことを前提に、習った技術を取り入れていければ、今より前向きな人間関係を築けそうな気がします。
また人の話を黙って聴いたりするといった行為がとても苦手に感じていましたが、昨日のワークで注意するポイントがわかったので、それも早速実行して行きたいと思います。自分の課題が見え、とても良い機会を与えて頂きました。

会社員(40代女性)

今まで受けてきた接客の研修は、形から入るけれど、心がついて行けなくて上の空ということが多く、なかなか実にならない状況だったのですが、今回のセミナーでは、まず、気持ちが向かうためにどうするか、ということを学べたと感じています。
お客様に向かう気持ちの本質を、もっともっと丁寧に伝えることで、自然に心温まる接客が出来るようになるといいなと思います。今後も、更に私自身の学びを深めて、同僚や、スタッフに広げていきたいと思いました。

障害者福祉施設生活支援員(20代女性)

今までの自分を見直して、これから自分がどう行動していけばいいのかを考えさせられるとても有意義な2日間を過ごすことができました。このセミナーに参加させてくれた上司の期待に応えられるように楽習したことを生かしてみんなが❍❍❍❍❍を感じられ、安心•安全な生活ができる施設になるよう頑張っていきます。

クリニック受付(20代女性)

お客様と接する時、クリニックのスタッフと接する時などの大切なヒントをたくさん得ることが出来た2日間でした。お客様の求めているもの・価値観を理解し、受け容れる。スタッフの個々の能力や価値観を理解し、受け容れる。そしてお客様・スタッフのそれぞれの自己○○○を満たせるように努める。
湯佐コーチのお話を伺い、日々のお客様への接客姿勢・スタッフへの指導の姿勢を見直し、活かしていけるようにしたいと思います。また、お客様やスタッフと話す際、まずはしっかりと「聴く」ということ、そしてこちらから話す際には間やプロミネンス、イントネーションを上手に使い、相手に受け容れてもらいやすい話し方を心がけたいと思っております。
2日間のセミナーで、接客・接遇だけでなく、人間の本質を少し知ることが出来たように感じています。誰しも、誰かに「きいて欲しい・認めて欲しい・受け容れて欲しい」と思っているのだということ。これを忘れずにいたいと思います。
そして、来院してくださるお客様・一緒に働くスタッフを大切にしたい、大切だということを言葉にして伝えられるようにしていきたいと思います。

美容業(40代女性)

サービスの本質を知ることができました。サービスとは、人で成り立っているものであり、サービスを生かすのは、システムでも機械でもなく、全ては人の存在です。その人間の本質を理解することが出来ました。提供する側される側も、全ては人のつながりなので、一人ひとり大切な存在として接するということを、会社の風土として創っていきます。

ヘアサロンチェーン教育担当(40代男性)

今まで受けた事がないスタイルのセミナーでした。本当に早い段階で他の参加者の皆さんと打ち解ける事が出来、初めのグループワークの時点から互いに意見を言いやすい状態だったことが、とても素晴らしかったです。過去私が参加したセミナーによっては、その状態になるまで互いに遠慮がちで、あまり実感を伴わない学びになる事もあったのですが、湯佐講師の笑顔と、絶妙な雰囲気作りもあって最初からガンガン発言や質問が出来た素晴らしいセミナーでした。
このセミナーは、私自身が抱いていた不安や疑問に理論や実例を交えてながら、全身全霊で応えてもらえました。今後私がスタッフ達の教育をしていくにあたり、大きな自信と出口を見せてもらえたと感謝しております。
今日から、学びを実践していきます。セミナーで教わった自己○○○を自分自身に与え続け、今の私と同じ気持ちを持ってくれる人材を、一人でも多く社内に作っていく事が楽しみで仕方ありません!

求職中(前職:人事)(40代女性)

【この2日間での学びをあなたの生活・仕事でどのように役立てられそうですか?】

これまで人事職務の中で研修を企画し、自身も講師として新入社員にマナーを教える機会が多々ありました。しかし講師としての教育を受けたことはなく、前任者の教材を読み砕き、自分なりに理解をし、研修に臨むというものでした。
今回のセミナーで、これまで講師として教えていたことが恥ずかしい気持ちにもなりました。本質を理解していなかった!と何より気づいたからです。
これまで私の教えのもとで社会人のスタートを切った方々にもう一度ちゃんと教えてあげたい!という気持ちになりました。
今回のセミナーを受講したことで、マナー研修を企画する際、または自身が講師として教える際、意味を持って有意義に企画・実施ができると思っております。
今回のセミナーを受講したことで、働く社員のマナーやサービスの質を上げることが企業の発展にも大きく寄与できるものだと感じられ、人事制度策定等だけでなく、教育にも以前より興味を持つことができ、就職できたらその企業で教育面でも是非貢献したいという気持ちになっています。
私自身のモチベーションもアップし、なおかつ正しい知識を身につけられたと思うので、今回のセミナーは非常にありがく有益なものでした。

【印象に残ったこと、感想】

サービスマナーを正しく教えられることを学んだだけではなく、社員とのコミュニケーションの効果的な取り方も同時に学べました。脳科学的な観点から教育を考えるということがこれまで自身では考えたことがなかった発想なので、非常に大きな気づきを得られたと思っております。

ホールレセプショニスト(30代女性)

仕事に関して:正直、何をどうしたら?と行き詰っていました。行き詰っていたという状態に、まず気づきました。働いてくれる人の感情に寄り添うことが全く不足していました。この“気づき”を大切に、今後に生かしたいです。

生活に関して:早速実践したのは、学んだことをとにかく家人に話しました。家人も感心していました。それを見て、私は「そうでしょう、私が習ったこと、すごいでしょう」という気になりました。話すだけで、これだけ前向きになれること、実感しました。

介護支援専門員(40代女性)

とても充実した二日間を過ごすことができました。ありがとうございました。
特に自分では意識はしていないのですが、先日私が講師を務める社内の研修の様子を聞いていた上司から「みんなをその気にさせるのが上手になったよね」と言われました。社員が学ぶことを楽しいと感じ、仕事をする喜びを味わうことができるお手伝いができることは、私にとってとても嬉しいことです。

指導するうえで、社員の良いところをみて、褒めてということはできる限り心がけてはいましたが、自分のことはあまり考えたことがありませんでした。
自分の○○○○○を満たすことを私はしてこなかったと思います。
ひょっとすると、周りからは私の仕事ぶりは、必死さは伝わるけれど・・・という状態ではなかったか。上司の立場にはなりたくない。などと思っていたかもしれないなと思います。社員に対してだけでなく、対人援助職である私の仕事には、とても参考になることばかりでした。さらに深く学びたいと考えています。

チーフキャビンアテンダント(40代女性)

【この2日間での学びをあなたの生活・仕事でどのように役立てられそうですか?】

他人とどの様に関わっていくか、仕事においても、プライベートにおいても、生きていくうえで大切な考え方を学べたと思っています。今までは経験として意識せずに行動してきたことも、脳の特徴や人間の特徴を理論的に知ることによって、人との関わりがいっそう興味深いものになりました。
お客様への対応法は百人百様で、「これが答え!」というものは無いと、接客業にある程度携わっている人間は少なからず感じています。しかしながら、人間の根本的に求めている本質を知ることで、一つ一つの対応を考えていくことは可能になると思いました。

【印象に残ったこと、感想】

今まで、仕事において、よく[気を流す」という表現を使ってきました。その日に仕事をするメンバーと良い人間関係を築き気持ちよく仕事できる環境を作り、また、表情の気にかかるお客様に対しては話しかけるなどして和やかな雰囲気を作り出す、決して空気がよどむような険悪な場所を作らない、、、このようなことでよい気が流れ、問題も起こらないし、起こったとしても大きな問題に発展せずクレームになりにくいと考えていました。
このセミナーを受けて気づいたのは、これが「○○○○を築く」ということだったんだ!ということでした。仲間との○○○○を築くことで、自然と皆がお客様と○○○○を築ける状況を作り、そしてそれが多くのお客様との信頼関係に結びつく。今日も良い気が流れていると感じるのは第六感ではなく、仲間やお客様の表情や動作から感じ取っていたものなのだとあらためて知った気がします。
また、配下の指導について、今までは配下にセンスがあったり、たまたまうまくいったような状況で、時には指導方法を悩むことがありましたが、大切なのはまず、「相手の○○○○○になること」から始め、このセミナーで得た様々なHOW TOを活かしていきたいと思います。
このセミナーにおいて全ての言葉が素直に心に響いたのは、湯佐さんのお人柄だと感じます。セミナーを受けた方たちとも年代や仕事環境が様々であったにもかかわらず楽しく学べました。ありがとうございました。

病院事務 課長(30代男性)

【この2日間での学びをあなたの生活・仕事でどのように役立てられそうですか?】

本当の指導・教育には、何をしなければならないのか、そのヒントをいただきました。今まで様々なアプローチで部下の指導、教育をしてきたつもりですが、今回のセミナーを受けてからは違った視点でものを見るようになり、そういう意味では教育する上でまず知らなければいけない原点というものを学ばせていただきました。

【印象に残ったこと、感想】

今までいくつかの接遇セミナーを受講し知識を得てきたが、これまでとは違い充実かつすぐに実践することができる内容の研修でした。
「こういうサービスをしたほうがいい」、「こういう時はこういう対応したほうがいい」といったある意味「そうしなさい」と主従関係の下行われてきた研修が大半でしたが、今回の研修では、人間の無意識の行動、本能的に求めるものを知った上で、何をしなければならないのか実践を踏まえてその答えを導き出してくれました。そういう意味では、接遇を知る前の必要な知識を得て、経験をさせてもらったことで、職場の部下に限らず大きな括りの中で教育していくために必要なことを学ばせてもった研修であった。サービスというものもすべて人をマネージメントすることだと実感し、その大前提にあるものは、自分を知りそして人を知ることであることの重要性を改めて学ばせてもらい、充実した二日間でした。

美容関係トレーナー(40代女性)

【この2日間での学びをあなたの生活・仕事でどのように役立てられ

早速、セミナーの翌日に現場マネージャーと共有しました。スタッフを引っ張っていく私たちから人間の脳の特徴を活かし、私たちが肯定的な言語化と本当に聴くを心がけていくことが必要だと思います。
スタッフの人柄と心で支えられていると思うのですが、その中で退職希望者も後を絶ちません。
私たちから変わることだけでは問題は解決しませんが、私たちが変わることで、1人でも多くのスタッフが救われ、安心できればと思っています。
少しの安心さえあれば、自らの考えでお客様に感動を与えらえるスタッフだと信じています

【印象に残ったこと、感想】

日頃のトレーニングのあり方ややり方などの再確認と、やはりまだまだ足りないところが多く、振り返る良いきっかけをいただけた2日間でした。
毎日、人には偉そうに、前向きに!笑顔で!自信をもって!と言い続けているのに、どこか自分はスッキリしていない・・・どこかで1歩抜け切れていない現状でした。
今回のセミナーの内容を実行するためには、何よりも自分自身の心の○○○○が必要だと実感していますので、毎日10分の○○をやってみようと思います。
冷静で大きな心を作っていきたいと思いました。
湯佐先生のセミナーは、家に帰ったとき、仕事をしているとき、なるほど~そやな~、やってみようと、じわじわ沸々といろんな感情が湧き出てくる講習ですね。2日間、心に残るセミナーをありがとうございました!

カラーリスト、受付指導担当(40代女性)

セミナーで学んだ事は、職場だけではなく、家族、友人など、人間関係を築く上で大切なことを教えて頂きました。
相手の状態を考えながら話を聴くという「ロールプレイング」は、今まで相手のことを考えて聴いていたつもりでしたが、実際は心から聴けていない部分もありました。
「聴く」コツを学んだ事で、どんな状況でも落ち着いて対応できる自信が持てました。

飲食店教育担当(20代女性)

私の今の目標は、職場スタッフの○○○○○を上げる事です。私はこの2日間で自分の存在価値(人間として、両親にとって)や自分自身に対しての○○○○○も、全てにおいて満たすことが出来ました。今の私なら、職場の立場・性別・上下関係も関係なくスタッフの心に届ける自信があります。
今まで私は、熱い思いはあると内心自信はありましたが、人前で話す事は恥ずかしいと思っていました。自分を信じることが出来ませんでした。
自分が変わることで、周りのスタッフ・職場の環境が変わっていくのだと感じたので、並行して自分をサポートし続けようと思います。
共に働くスタッフが、日に日に変わっていく姿を見られるように頑張ります。
笑顔が輝く職場にするのが、私の目標です。

採用・教育担当(40代男性)

異業種の方と交流する機会がほとんどなかったので、いろいろな方々と交流できた事が良い経験でした。最初は見ず知らずの人ばかりで不安も少なからずありましたが、他己紹介から始まってペアワーク・グループワークと立て続けにあって、講義中は不安を感じるひまもなく打ち解ける事ができました。
サービス業に身を置き、多くのアルバイトスタッフを指導する立場にある者として良かったのは、どのようにして思いを伝え、何がモチベーションを上げるのに必要なのかを心理学的・脳科学的なアプローチで学べた事です。「○○○○○を満たす」というキーワードは大切にしたいと思います。

歯科医師(40代男性)

【この2日間での学びをあなたの生活・仕事でどのように役立てられそうですか?】

生活では、家族との時間を丁寧に過ごすように心がけるという発想ができてきました。
仕事では、スタッフとのかかわり方を再評価することができました。今までも再評価は行っていたのですが、改善・修正方法に迷いがあり実行に時間がかかっていました。今回のセミナーでの経験をもとに自信をもって改善・修正を速やかに行うことができそうです。

【印象に残ったこと、感想】

印象に残っているのは、初日の朝BGMにマイケルジャクソンが流れていたこと。
このセミナーは大学病院の指導教官は受けたほうがいいと思います。そうすれば日本の医療も少し変わっていくと思います。

看護師(30代女性)

【この2日間での学びをあなたの生活・仕事でどのように役立てられそうですか?】

受講後、私にとって重要と思われる10箇条なるものを作成しました。(1.社内でまず気持ちの良い挨拶をする、など)
受講1ヶ月後の現在は、そのうちの4つの項目を中心に意識して取り組んでいます。
今後10箇条すべてを日常に落とし込んでいきたいと目標を立てています。最近、以前より焦りが減って落ち着きがでたというようなことを言われ、職場でもスタッフが以前より心を開いてくれているような感じがします。

【印象に残ったこと、感想】

とても良い思い、良い印象で終わったところが、心理学のカウンセリングの授業と同じようだと感じました。サービスプロフェッショナルの方がより実践的で、そこから日常の目標に結びつけられるように導いていただいていたのだなと感じています。
講義も出会えた方たちとの関わりも、素直に楽しかったです。楽しんで学べたと思います。このように楽しんで実りある学びの機会をつくってくださった湯佐コーチに感謝します。

団体職員(40代女性)

【この2日間での学びをあなたの生活・仕事でどのように役立てられそうですか?】

受講して3週間近くが経ち、ようやく自分の中にほどよく落ち着いてきたように思います。一番ハッとしたのは、「自分自身に最も必要なのは◯◯◯◯◯◯」というお話でした。日本人は昔から、謙虚さが美徳のように教育を受けてきており、確かにそういった側面はあると思います。けれども、それが度を越えて、自虐的なほどになってしまうと、セミナーで学んだように、ネガティブな行動にしか出られなくなるのですね。同様に、自分についてよいと感じるところよりも、悪いと感じるところのほうが多く挙げてしまう人は、自分に厳しいのと同じように人にも厳しくしてしまうとのこと。これは常々うすぼんやりと感じていたことだったので、大変腑に落ちました。
それから「本当に聴くコツ」。家族と話すときも、職場で話をきくときも、思い出して心がけるようにしてみました。今までよりも落ち着いて相手の話を聴くことで、今までよりもっと相手のことを思えるようになった気がします。よくこれを忘れて、自分の言葉を被せようとしてしまいますが。これからもっと精進していきたいと思います。

【印象に残ったこと、感想】

職位研修の一環として、簡単なコーチングの研修やマナー研修を受けたことがありますが、湯佐コーチのセミナーほど、受講者自身の内面にまであたたかく光をあててくれるものは他に経験がなく、特別なものだなぁと思っています。セミナーの雰囲気も、ただ明るく楽しく優しいだけではなくて、成熟したゆとりを感じるというか‥いや、突然披露される茶目っ気の部分もあるので、成熟しているばかりじゃないですね。うーむ。
初対面の受講生同士によるワーク中心のセミナーですが、いつの間にか打ち解けてくつろいだ雰囲気のなか進められるよう仕組まれているあたり、やられたな!という感じもしています(よい意味で)  

会社役員(30代女性)

いろいろと印象に残ったことがあります。いやもうたくさんあります。
以前、アロマセラピーで、香りは、原始的な脳といわれる「大脳辺縁系」に作用し、心身の状態に影響を与えると学びましたが、「言葉」も同じなのだな、と思いました。心地よい言葉は聞く者にも、発する者にも心身によい影響を及ぼすのですね。相手を褒めろ、労え、愚痴は言うななど、よくいわれることですが、そのメカニズムを改めて知ることができました。
もうひとつは「安心感」。
経営者として、母として、他にもさまざまな役割の中で、相手に「安心感」を感じさせることを考えていませんでした。やらなきゃいけない義務にとらわれていたような気がします。なんでいままで気づかなかったのだろう?と驚きました。一番大切なことですね。

小売業 統括責任者(30代女性)

【この2日間での学びをあなたの生活・仕事でどのように役立てられそうですか?】

今回の講習参加の目的の1つに、自身のサービスに対する取り組みについて見直したいということがありました。2日間という短い期間でしたが、自分自身を客観的に見直す事ができ、また今まで取り組んできた事に新たな自信を持つことができましたので、迷いや不安で躊躇していた取り組みにも積極的にチャレンジできそうです。
また、今回学んだ質の高いコミュニケーションスキルを活用して、色んな人や部門とコラボレーションをして業務効率に役立てられそうです。

【印象に残ったこと、感想】

簡単に「コミュニケーション」という言葉を使って、自身ではうまくやってきたつもりでいたのかもしれません。表面的なサービスマナーを身につけているだけではコミュニケーションの質を高めることはできないのだと、改めて気付かされました。
今回の講習の中でも、部下や周りのスタッフとの考え方の違いについて悩んでいるという声がありましたが、「自分の感覚=標準」という思い込みで対応しているために、そのような悩みになることもあるのかと、またまた気付かされました。「人はそれぞれ大きく異なる」ということを意識しながら、コミュニケーションの工夫をしていかなくてはならない、ということが印象に残りました。

代表取締役(40代男性)

父親として:子供たちに対して接し方が変わるような気がします。結果や極論で叱ったりしていましたが、表情や態度を見ながら順を追って対話に心がけようかと思います。
社長として:従業員もしかり、です。怒ることはしたことがありませんが自由にさせてきました。教育に答えは無いと思いますが、より良い環境での職場を提供してあげられたらと思っております。

看護師(30代女性)

「聴く事を意識する」を患者様へ、手術のクロージングの際に早速翌日より、活用しています。
今まで「伝える」を意識しすぎておりました。「聞いていない」と後でクレームになることがあり、それを防ごうと、説明することを意識しがちでした。優先順位を変えて「聴くこと」から始めることで、たくさんのお言葉が患者様から伺えます。世間話や冗談交じりのお話の中に、インタレストが潜み患者様自身が、何が不安なのか気づいてご質問くださいます。
今すぐの結果というより、継続することで手術のキャンセル率も減り、「聞いていない」というクレームも減るのではないかと感じました。また別の患者様ご紹介に繋がるのではないかと思います。
以前より、患者様とお話するのが楽しくなりました。
また五感をフル活用。と教わった事も意識しています。接遇は五感のおもてなし。
意識を高めて、継続していきたいと思います。
また、肯定的な言葉を掛ける。職場では意識して行っておりましたが、対:家族に対してちょっと反省です。相手を変えようとするのではなく、自分が変われば相手も変わる。
意識して行っていきたいと思います

代表取締役(30代男性)

普段、人の話を聴いているようで、話を繋げることや、話を回転させることばかりに頭がいって、自己主張ばかりしていたことに気付くことができました。また、興味のない話にはそっぽ向いて相手の気持ちを全く汲み取っていませんでした。今は、セミナーで習った「相手が話している時には、相手にスポットライトを当てる」ということを心がけ、多少なりとも「聴く」ことができるようになったと思っています。そのおかげか、人の話しを聴いている時に純粋な(素直な)気持ちになれているような気がして、また新たな自分を発見できたような気がしています。人の話しを聴くことによって、もっともっと相手との信頼関係を築いていきたいと強く願っています。
仕事では、多くの場面で情報や思いを発信する立場でありますが、今回ほとんどの時間において他10名の話を聴いたことで、他者に合わせる「調和」の重要性を深く学ぶことができました。この調和があればこそ、人の考えや意見が自分の刺激や学びとなります。実りある2日間となりました。そして全メンバーで作り上げた協調性のある心地良い空間も、皆様の心遣いの賜物だと思い深く感謝しております。

地方公務員(50代女性)

【この2日間での学びをあなたの生活・仕事でどのように役立てられそうですか?】

人間関係のよりよい築き方を学ぶことができました。日常生活での人との関わり方・職場での部下や同僚、上司との関わり方についても考えさせられました。自分の欠点は知っていたのですが、それをどのように変え、自分自身にプラスにしていけばよいのか。課題は多くありますが、「相手を思い、感謝する」ことが、無意識にできるようそして、お客様や職員がいきいきとした日常を送れるように役立てます。

【印象に残ったこと、感想】

湯佐コーチの表情・しぐさ・声のトーン・人と話す時の姿勢が印象的でした。当たり前のことかもしれませんが、このあたりまえの事が周りでは、できていないことが多いと感じています。このセミナーの内容は、せービスを超えて、人間関係の築きに役に立つことと何より、自分自身を『好き』になれ、人を思いやることができるようになる内容だと思います。

ホテル営業責任者(30代男性)

自分自身をどうコントロール(マネンジメント)していくか。自分に自信がなければ、他人に自信をつけさせることは出来ないし、自分が聴く耳を持たなければ、他人が本当に伝えたいことは感じる事ができない。自分がどう周りに良い影響を与えられるか。どれだけ他人を尊重していくかが、今後の人生を明るくしていく近道だと実感した。
全ては信頼関係上に成り立つ。信頼される人間になっていきたい

教育担当(40代女性)

ワークを通して、たくさんの方と接することが出来て楽しかったです。また、たくさんの意見を聞くことで大変刺激を頂きました。
セミナー紹介で、一般的な接遇マナーとは違うと書かれてはいましたが、ここまで違うとは思っておらず、良い意味で裏切られました。

代表取締役(40代男性)

私は「一般化」「歪曲」が非常に強い傾向があるので、相手を全肯定します。
スタッフの様々な価値観の中から共通項を見出して共有したい。
仕事でも個々の人生における解釈の違いを尊重し、必要とされれば気付きと良質な情報を提供する手伝いをします。
私は、スキル、How toに傾倒した時期があり随分遠回りしました。
人と人が結ばれ、幸せのおすそ分けが出来るように取り組んでいきます。

ゴルフクラブ管理職(30代男性)

【この2日間での学びをあなたの生活・仕事でどのように役立てられそうですか?】

『従業員のお客様に対しての接客改善』するにはどうすればいいか?という事を学ぶつもりで参加しました。この2日間の学びで感じた事は“従業員⇔お客様”の関係にスポットライトを当てる前に“自分⇔従業員”の関係…もっと言えば“自分”にスポットライトを当てる必要があるということです。『従業員のモチベーションを上げるのは給料(お金)しかないでしょう。接客の仕方を査定してボーナス額を変動…』なんて簡単に考えていた私にはかなり衝撃的でした。これからは従業員の◯◯◯◯◯を満たすために、自分に出来る事やコミュニケーション方法を考えながら接していきたいと思います。そしていつかは無意識にそれらがこなせるような人間になれれば嬉しいです!

【印象に残ったこと、感想】

初対面の方々と一緒にワークをするのはかなり緊張するかなと思いきや、いつも笑顔の湯佐さんのおかげでとてもリラックスした雰囲気で学ぶ事ができました。湯佐さんが受講者の方々にかける言葉、細かい気配りそのものにも接遇のヒントがたくさん詰まっていてとても勉強になりました。ありがとうございました。

サービス業(30代女性)

【この2日間での学びをあなたの生活・仕事でどのように役立てられそうですか?】

今まで実践できていたこと、できていなかったことが自分の中で明確化されていき、ひとつひとつ、繋がっていくようでした。今後、お客様とは、ビジネスを超えたコミュニケーションと信頼関係を築くことが可能になり、お互いが満足できる結果になっていくと確信しました。そして、仕事の仲間にも、家族にも、自分にも、皆が満足できる環境と心境になっていくのだと思いました。

【印象に残ったこと、感想】

とにかく“思考と実践の繰り返し”の このセミナーに関心しました。
すべてが分りやすく、腑に落ちる内容でした。ありがとうございました。

サービス業(40代女性)

【この2日間での学びをあなたの生活・仕事でどのように役立てられそうですか?】

このセミナーで私の抱えている問題(苦手とする事)の本質が明確になりました。ありがとうございます。実践として考えたとき、感情が邪魔をすることもありますが、まずはできることから始めて、習慣化できるように意識をしていきたいと考えています。

【印象に残ったこと、感想】

全体的なペースが同じ調子で進み、穏やかに流れる時間の中での学ぶことが心地良かったです。湯佐コーチの受講生に対する向かい合い方に、安心、信頼を感じましたことには、まさしくセミナーでの教えを実感として感じ入りました。
また「教えるには、まずは考えさせる」ということも大きな気づきでした。

起業準備中(50代男性)

一緒に受講した皆様にいろいろご協力をいただき本当に良い時間をともに体験し、交流することが出来ました。ありがとうございました。人間の本能、脳の原則、ラポール、本当に聴くという考え方がとても面白かったです。湯佐コーチの進め方がテンポよく、全体に穏やかな時間が流れていたような気がしました。内容も興味深く、多くの方と交流ができとても感謝いたします。

小売業 執行役員 (50代女性)

人の話しを聴くことの難しさを痛感しました。これまで私に悩みや相談をしてくださった方達に対し、なんて失礼なことをしていたのだろうと反省していました。話しを遮り、「私なら、こう考えます」「このように考えたらどうでしょう」と、聴かれてもいないことを話していました。相手の世界地図を自分の世界地図に書き換えようと何度も思っていました。
もっとこれから、自分を褒めて認めていこうと思います。自分を大切にできない人は、やはり周りの人も大切にできないことを学びましたので。

看護師(40代男性)

【この2日間での学びをあなたの生活・仕事でどのように役立てられそうですか?】

ただ単に職場の雰囲気をより良くしたい、患者様の満足度をあげたいという漠然とした理由でセミナーに参加しました。途中で”何がやりたいの”と言われドキッ(見抜かれている)と思いました。
セミナーを受けていく中で、接遇やサービスといったことは特別なことではなく、挨拶やコミュニケーションだったりと基本的なことなんだということが分かりりました。
ただ、その基本的なことをより良くおこなっていくには、自分を知ってもらう、相手の話を聴く、相手のペースに同調する、ラポールを築くことが大切ということが、紙面上ではなく実際考えながら、体験しながら学ぶことができ、とても理解できる内容でした。漠然としていたものが見えてきたように思います。これを職場でも活かせるようにしていきたいと思います。

【印象に残ったこと、感想】

今回のようなセミナーに参加したのは初めてで、とても緊張して会場に入りました。しかし、すぐ”おはようございます”と声をかけて頂いたのと、湯佐さんの物腰の柔らかさに緊張がほぐれました。また、普段なら会ったり話すこともないだろう、違う職種の方たちと雰囲気良く、まさに一体となってという感じで参加でき、自分の中でとても不思議な感覚と充実感がありました。セミナーで学んだ内容がそのまま実践されていたようです。
初めての内容のセミナーで疲れましたが、心地よい疲労感で、帰りの車の中では知らず知らずのうちに笑みがこぼれていました。

店舗責任者(30代男性)

勤務する中で重要なのが、働き手のモチベーションアップです。それを、行うために必要な◯◯◯◯◯の存在を知りとても感謝しています。セミナー参加前から同僚(すでに受講していた)からお話を聞いていたので、少し前から実践していましたが、最近店舗の中が明るく、笑顔であふれているように感じています。その雰囲気が会員様にも伝わっているようで、『店に活気が出てきたね』と言われました。今後もアルバイトスタッフの◯◯◯◯◯を大切にしていきます。
また、『話を聴く』ことができていると自己満足していましたが、実際は全然できていませんでした・・・話を聴くときの態度、雰囲気、表情などを意識的に行い、無意識にできるレベルまで高めていきます。

公務員(40代女性)

「サービスプロフェッショナルに大切なことは何か」をとても楽しく学ぶことができた上、素敵な仲間もできました。セミナーから一週間ほど過ぎて、自分の心根も少し変わったような気がして(そうでないと困るのですが)、本当に貴重な時間でした。忙しい毎日と様々な人との関わりの中で、慢性疲労ぎみの私には、心洗われるようなセミナーでした。もっと優しく自分と向き合うことがコツだったんですね。今後は、社会にほんの少しでも役に立てる自分になれるように、このセミナーで教えていただいた沢山のことを少しずつ消化し活かしていきたいです。

介護施設管理者(30代男性)

【この2日間での学びをあなたの生活・仕事でどのように役立てられそうですか?】

自分が漠然とイメージしていたことを、より具体的に言語化できるヒントを頂いたので、職場だけでなく生活のあらゆる場面で伝えることができるようになれるといいなと思います。今回の研修で学んだノウハウは単に仕事に活用できるものではなく、人として心豊かに暮らしていくためのノウハウであり、周りの人々と共有できることでますます価値が上がるものだと感じました。

【印象に残ったこと、感想】

この2日間では、自分の現在と過去を振り返りつつ、未来に向けての自分の想いやビジョンに気付く(漠然とさせていたものをより具体的にするようなイメージ)ことが非常に多かったと思っています。 普段自分の立場や役割の鎧に知らず知らず覆われていた自分を、開放して過ごすことで、「こうなければならない」という固さが「こうなると良いよね」という少し柔軟な自分でいて良いんだというように切り替えることができていたように思います。

アミューズメント業 管理本部(30代男性)

【この2日間での学びをあなたの生活・仕事でどのように役立てられそうですか?】

家族や友人、同僚、部下、上司に至るまで自分にかかわる全ての人とのコミュニケーションのあり方を見直すきっかけになりました。観察、洞察力を高めて、今までより円滑にコミュニケーションをとっていきたいと思います。感謝と興味と笑いを忘れず、自分にも、周りにも心の栄養をいっぱい贈って幸せ満開の輪を作っていきます!

【印象に残ったこと、感想】

本当に楽しく、分かりやすいセミナーでした。過去に様々な研修を受けてきましたが、ここまで平易にしかも体感的に学べた事は初めての体験でした。内容だけに留まらず、講師の場作りと言う面からも本当に勉強になりました。私にはあれほどの柔らかい、暖かい場作りは難しいと思いますが、「教える、伝える」と言うスタンスではなく「前進をサポート、支える」ことが出来るように今後も努力していきたいと思いました。

サービス業課長(40代男性)

普段、仕事、プライベートで相手にこうして欲しいな。こうやってくれたらなと感じる事が多々ありました。その原因を相手に求めるのではなく、「自分自身が出来る事」をサービスプロフェッショナルの講習を通して学ぶ事ができました。今までも様々な研修に参加させていただきましたが、今回が最も楽しく、最も腑に落ちる内容でした。

サービス業係長(30代男性)

ビジネスマン研修といったものには今までも何度か参加させて頂いたことがあります。言わば体育会系の雰囲気なもので、そういったものには慣れてしまっている感があります。教育テレビで見る、アメリカの方が学生向けに講師をされている様なスタイリッシュ!?な自由な雰囲気の中で気付いていく・学んでいくといったものも経験してみたいと思っていました。まさにこのセミナーはそのイメージそのもので、内容・人数・時間とバランスがとても考えられていることに驚きも感じました。
グループ形式で意見を交換したり、テーブルを使わないながらも座学の要素も含んだ内容は初めての経験でした。部署でのミーティングや朝終礼という場でも使えそうな要素がありましたので活用させて頂きます。子育ても真っ最中なので、教わった沢山の内容を子供達に残していければ最高です。小さなコミュニケーションの一つひとつに活かしながら大切にアウトプットしていきます。

販売 店長(40代男性)

脳の特性については考えさせられました。自分自身の行動は周りばかりではなく、自分自身にも影響を与えている事を理解し、家族や職場の仲間そしてお客様へ自分ができる事を考えて実行すべきだと再認識いたしました。そのための方策として、得策や裏技などはなく、セルフトレーニングを意識し、まず、自分自身が変化すべきであることを痛感いたしました。

ホテル教育担当(20代女性)

伝えることの難しさに悩んでいた中での受講でしたので、本当にたくさんのヒントを与えて頂きました。相手に伝えるということを説得するという事に勝手に変換してしまい、余計に小難しく伝わりづらくしていた気がします。
人間の心理、脳機能などの部分からの指導もあり、「人間ってそういうものなんだ」と素直にびっくりした気持ちも持ちながら、それなら今までの考え方じゃダメだったな。と反省しました。今まで無知だった部分を今回の研修で、教えて頂けたことは本当にいい機会でした。出来ない事を知り、方法を知った二日間でした。これからは自分でどう生かしていくかという段階です。今までたくさん研修を受けてきましたが、受講後にこんなに何度もノートを見返してヒントを探す。ということはなかったです。新しい仕事にとても不安だったのですが、まだ試していないことがたくさんあったので、何かヒントがあるんじゃないか・・・と思って目の前が明るくなりました。

教育担当(30代女性)

心や脳の働きなど、従来とは違った視点から接遇を学ぶことができ大変勉強になりました。
仕事においては、常に安全、そして時間を意識しながらの業務であり、緊張状態が続く中、各自が持っている接遇力を100%発揮する難しさを感じておりました。お客様から求められるサービスも高くなっており、新入社員等は接遇を難しく捉えてしまうこともあったかもしれません。しかし、この研修で学んだ心の状態管理や人間の本能・特徴を知ることで、各自の心に余裕が生まれるのでないかと感じました。
ホームページで「優れた接遇マナーを生み出すのは上司次第」と仰っているように、置かれる環境や上司からのフォロー等は非常に重要であるのだと再認識致しました。
今後は、コミュニケーションの質を高め、ラポールを築く方法等、積極的に取り入れ社員教育にあたっていきたいと思っております。

メーカー課長/格闘技ジム代表(40代男性)

私にとってこのセミナーは、まるで『おもちゃ箱』でした。いや、金脈を自分で掘り当てたような気持ちになれる『宝箱』の様なセミナーでした!配布されたテキストの申し合わせではなく、パートナー、チームで行なう体験型なので、金脈を自分の手にスコップを握り掘り当てるような感覚でした。
自分を変えるためのメカニズムを教わり、自己分析で『自分の弱さ/足りないピース』が理解でき、『自分の悪さ加減/自分の残念な側面』を知りました。ここって多分、自己否定から劣等感が沸いて来て落ち込む場面なのだと思いますが、湯佐コーチのセミナーが他と全く違うのは、一緒に受講した仲間の協力を頂き、簡単に笑い飛ばすことができる点でした。とにかく終始、笑顔のパワーに包まれた2日間でした。
仕事もプライベートも友人関係も、対人関係に於ける総てのマナーがどこにあるのかが理解できました。
【自分の悪い所を知りたい】【職場でも家族でも、対人関係が難しいと思っている人】【孤立感を感じている、または孤独な人】はぜひ受講をお勧めしたいです。”どこをどうすれば自分をランクアップ出来るのか”が明快に理解できますから。
こう書いてしまうと何かのカウンセリング紹介みたいですが・・・実際、嬉しい意味でセミナー?カウンセリング?と不思議な感覚に陥る事も多々ありました。
今まで沢山のセミナーを受講して参りましたが、一緒に受講した仲間全員の顔と名前、趣味、笑いのポイントまで明確に記憶に残り、最後に感謝の気持ちで泣きそうになったセミナーは初めての体験でした。
このセミナーに参加出来たことは、おそらく私の人生に於いて素晴らしい出来事の1つだと確信しています。

整体師・カイロプラクター(40代男性)

【この2日間での学びをあなたの生活・仕事でどのように役立てられそうですか?】

「思うように動いてくれない。」「こちらの思いが伝わらない。」というのは思い込みでした。相手の話を聞く、最後まで聞く、自分の意見を交えず丸ごと聞く。セミナーでは、そうしたワークで信頼関係が生まれることを学びました。
2日間だけ顔をあわせた者どうしでも信頼関係が築けるならば、仕事でも家庭でも出来ないはずがありません。誰もがその場に貢献したいという思いがあるはずです。その思いが満たされる環境作りが、これからの経営者の仕事だと思います。チームで成果を挙げることが出来なければ、未来も可能性もなくなる時代です。セミナーで学んだことを、片側の車輪として、ディズニーランドのような空気が出来上がるまで、実践し続けたいと思います。

【印象に残ったこと、感想】

セミナー直後3日間は、軽い興奮状態でした。一週間経った今も、自分自身の中に何かが生まれた感じで、無意識にかけてた心のブレーキが緩まりました。難しいことと思ってたことが、何でもないことのように思えます。新境地というのはこのことでしょう。
業界を変えたいということを自分のミッションに据えながらも、その大きさゆえに遠のいていく時もあります。しかし、湯佐先生や参加者の方々から頂いた『ギフト』は、自分の中から一生消えることなく、支えとなってくれるに違いありません。
参加前に期待していたことをはるかに超えた実体験をさせていただいて、本当にありがとうございました。

小売業副店長(30代男性)

「何かを学ばなければ」という思いで会場に入りましたが、雰囲気が良く、自然に、無意識に、前向きに参加できていました。湯佐コーチの声かけや表情は、わたしのモチベーションに大きな影響を与えてくださいました。セミナーを終えて、心をいったんリセットできたように思えました。職場では、業務が忙しいときや自分の心に余裕がないときは、相手にかけることばや表情が「よくない印象を与える」ことがしばしばありましたが、管理者として心の状態管理を常に「意識的に」保つことは重要だと思いました。
また、サービスはマニュアル化できるものではないので、受講した内容を自ら実践すると同時に、同じ職場で働いている従業員の方にセミナーでの印象深い内容を伝えていきたいと思います。

服飾雑貨店 店長(30代女性)

湯佐コーチの、どのような言葉、意見もまずは受け入れてくれる、そのことが人に安心感を与え、自分の意見や思いを発言しやすくさせてくれると感じ、自分もそのようになりたいと思いました。
また“聴く”ことの難しさと必要性、自己◯◯◯を満たすことでモチベーションを高めることができるのだと知り、なすべきこと、指針を示してもらえたと感じています。
普段皆の前で発言することにためらいを感じてしまうことがありましたが、今回のセミナーでは話し易い雰囲気を作ってもらえたので、積極的に発言出来ました。そして、そうすることが自分にとっても、周りにとってもよいことではないかと感じられました。ひとつ殻を破れたような気がしています。セミナーに参加して、自分が考えるべきこと、すべきことの課題を与えてもらったと思っています。そしてなにより、コーチと一緒に学んだメンバーと出会えたことに感謝しています。ありがとうございました。

アミューズメント系サービス業(30代男性)

今まで受けたセミナーでは、テキストを見ながら一方的に実例を話される講師の方が多くて退屈なことが多かった。しかし、このセミナーは受講者とコーチが一体になり進めていくため、とても解り易くて、とにかく楽しいセミナーでした。
短い時間でしたが、他の受講者の方と信頼関係が築け良かったです。また受講出来る機会があったらもう一度参加したいです。

小売業 営業教育担当(30代女性)

【この2日間での学びをあなたの生活・仕事でどのように役立てられそうですか?】

サービスについて表面的なことを学ぶだけでは、何の解決にもならないということを実感しましました。大切なのは自分の心と相手の心。傷ついたり(傷ついても、ポジティブに復活できるように!)、傷つけたりすることが無いような毎日を過ごしたいものです・・・。
まずは自分に厳しすぎるところがあるので、もっともっと認めてあげる。そして部下や研修に来る社員たちのことももっともっと褒めてあげる!とにかくこれを継続したいと思います。またお客様に対しては、言葉であれこれ説明する前に、まずは居心地が良いと思っていただける環境を作ることを心がけ、期待以上のサービスをすることが自分の喜びになるように私自身もしたいし、社員にも言い続けて行きたいです。

【印象に残ったこと、感想】

お客様に営業してものを売ることと、日常生活の良好な人間関係を築くことは全く同じであることにあらためて気づくことができました。
受講する前は、サービスやマナーでみっちり二日間もやることあるのかしら?(失礼ですね!)と思っていましたが、いざ始まってみると受講者同士のワークも多く、あっという間に終わってしまいました。受講者の皆さんの意識も高く充実した二日間を過ごすことができました。何歳になっても学びは尽きないものだとつくづく思います。どうもありがとうございました。

飲食店店長(30代女性)

コミュニケーションの成果は相手が決めるということです。今までは言ったはず、伝えたはず、なんでわからないの、そんな思いでいることが多かったのです。こちらに責任があると考えたことがありませんでした。今はできるだけ伝わるまで伝える、いろいろな伝え方をするということを心がけています。
今までは自分の部下に対して感情的に接してしまうこともあり、しかもそれも時には必要なことだと信じてすらいたのですが、このセミナーを通して、まずは相手を肯定することだと学び、自分の姿勢も変わった気がします。そしてほめることを意識して接すると、相手がどんどん自信をつけている姿を目の当たりにしてあまり得意でなかったほめるということが楽しくなってきました。もちろんまだまだ未熟な上司ですが、少しでもスタッフが楽しく働ける環境を提供できるようになれたらと思っています。
セミナーを受講して3カ月が経ちますが今でもこの日のことを思い出して日々生活しています。私にとって本当に印象に残る2日間でした。また機会がありましたら是非参加させていただきたいと思っております。

ホテルコンシェルジュ(50代女性)

サービス業に携わり38年の私です。今まで、自己啓発の為に、いくつかの研修に参加いたしましたが、今回のようにすがすがしく、爽やかに帰って来た事は初めてです。家族に学びを話すことも初めてでした。その要因は湯佐先生に出会えたことだと思います。この出会いは私の大切な財産になりました。2日間の研修も、初めから終わりまで有意義でした。居心地がよくて、楽しくて、知らないことを沢山知り、どんどん吸収できました。湯佐先生、本当にありがとうございました。そして、参加された一人、一人に心から感謝いたします。今回のメンバーと出会えたことも、私は幸せ者に思います。

【印象に残ったこと、感想】

とても有意義で、楽しいセミナーでした。最初は少し固かった雰囲気が、コーチのおかげで、あっという間にやわらかい雰囲気になりました。初対面の方達ばかりなのに、2日間の間にお互いのことをよく理解しようとすることが多く、短い間にも心を開いて信頼関係が気づけたと思います。
セミナーの中でいくつか私が過去に聞いたことのある言葉やお話しがありました。今までは、意味は理解していましたが、うわべの意味であり、そのまま忘れていました。今回は、腹に落ちるという感覚ですんなり体の中に入ってきた気がしました。セミナーの内容は、どれも理にかなっていて、「うーん。そうだよねぇ。」と納得してしまうものばかりでした。仕事ばかりではなく、これからのプライベートにも役立つ内容で、ずばり!私が求めていた内容のセミナーでした。本当にたくさんの知識と心をいただけて、感謝!感謝!です。コーチ、ご一緒させていただいた受講生皆さん、ありがとうございました。

医師(40代男性)

【この2日間での学びをあなたの生活・仕事でどのように役立てられそうですか?】

患者さんにより良いサービスを提供するためには、チームとしてサービスについて理解する必要がある。1人1人のスタッフに、その理解を深めてもらうために役立てたい。

【印象に残ったこと、感想】

普段あまりかかわることのない様々な職種の人たちの、様々な仕事上の思いに触れられたことが一番刺激になった。
ただ本を読んだりするだけでは体得しにくいことも、ワークをすることにより実際にどういうことなのかがわかりやすかったと思う。
自分が求めていたものであった。

介護事業所経営者(30代男性)

介護事業所を経営しております。普段からスタッフに「対応・態度・言葉遣い」に気をつけ、「心からおもてなししてください」と何度も言っていました。しかし、お客様からの評価は変わらず、また自分自身も「心からのおもてなし」といっても曖昧で具体的な方向性を見出せない状態にありました。
この2日間の研修で、お客様だけではなく、身近な家族や、同僚、スタッフに対してもどのように接していくかについて大きな気付きを得ました。振り返って考えてみると、私自身は身近な人々をぞんざいに扱ってきたような気がしています。“隗より始めよ”と諺にもありますが、私がもっと模範となる行動を示すべきだと気付きました。
この研修で接客マナーだけではなく、心からどうもてなすかについて具体的な方針も見出すことができ、とてもよい成果を得ることができました。ありがとうございました。

会社員(30代男性)

知ってることは何でも教えましょう、という湯佐コーチの奉仕の精神に心を打たれました。これぞサービスプロフェッショナル。
まさしく「生きた見本」ですね。

[社員育成の基本(2日間)働く人を輝かせる育て方]を受講した方の感想です。

主婦・パート(30代女性)

最も印象に残ったプログラムは、信頼関係を築くプログラムです。人が相手に心を開き信頼するまでの心の動きは目から鱗でした。

また、自分にとって最も役立ちそうなプログラムは、分かりやすい教え方のプログラムです。その通りにやればよいというところまで、小さく分解し教えることの大切さを知り、実際に課題に取り組んだことでやり方がわかり、実生活でもすぐに使ってみようと思いました。

今回のセミナーでは、プロを育てる技術というテーマでしたが、人間の求めているもの、人との関わっていくうえでとても大切なことなど深い部分まで掘り下げて教えていただき、とても感動しました。

特に、声掛けの重要性、どのような言葉をかけたら相手が行動するのか、話を聞くだけではなく実際に考えながら、理解することができたのでとても良かったです。
山本五十六さんの言葉の意味も、人によって世界を認識するシステムが違うことを知り、それを理解したうえで読むとその的確さが素晴らしいと思いました。
とても分かりやすく、納得できて、心に響くセミナーでした。

整骨院・受付(50代女性)

少人数で充実した二日間でした。シェアやロールプレイングが多く、考えたことを発表することで頭の中だけでなく体得できました。人として「〇〇〇、〇〇〇〇、〇〇〇」という基本に改めて気付かされ、感謝申し上げます。
素敵な仲間と過ごせた楽しい二日間でした。

会社員(40代男性)

・何故必要?の部分を、脳の特性も踏まえて学べたので納得感があります。
・前回(サービスプロフェッショナル)もですが、心や気づかいの面で意識すること、スキルを高めるために実践することが分かり易く、実行に移しやすいです。

会社員(20代女性)

なぜ教育が必要なのか、具体的に何をしたら良いのかが明確になりました。
行動科学に基づいた話を沢山聴く事ができ、納得させられる事ばかりの2日間でした。
感情的なつながりを持つ事が大切と頭では理解していても、具体的にどうしたら良いのか分からず悩んでいましたが、2日間でクリアにする事ができました。
また、「この人に感謝する事はなかったか?」という言葉がとても印象的で、早速実践した所、相手との会話のスタートがポジティブなものになり、その後のミーティングもスムーズに行う事ができました。今後も教訓にして実践していきます。
湯佐先生の話し方、立ち居振る舞い、様々なジャンルの情報や例え話、1つ1つがとても参考になりました。私も聴きたくなるトレーニングができるよう、この教育で学んだ事をしっかり実践していきたいと思います。

自動車販売(50代女性)

・参加されていた方がみな意欲的(自費・遠方からの参加など)で、大変刺激された
・とらえ方変換。してほしい変換。
・ゼロからできるようになるまでには、時間がかかるものです。はい、見守ります。
・できない人を責めるのではなく、助け合えるチームワークで仕事をする。まさに、私が理想とするところで、そのような人材を育てることが私の重要な仕事であると 再認識。
・大切なことは様々な手段で伝え続ける。こちらが言いすぎじゃないかと遠慮しないようにしたい。

鉄道グループ人事部CS担当(40代女性)

●全セミナー内容終了時まで、様々な楽しいワークが工夫されていました。メンバー同士の親近感がグッと早まる事を実感しました。
●90分、20分ルールを取り入れた受講者に飽きさせないプログラミングのお蔭で、楽しみながらアッと言う間にセミナーが進んでいきました。
●「人間は直ぐに忘れる」事を前提とし、要所要所で話し合いながら振り返る(復習する)機会が設けてあり、効果的に知識を整理する事が出来ました。
●知識としては理解している事でも出来ているかどうかは別問題。その辺りをどの様に本人に自覚して貰うか、理想的な言動に繋げて貰う為の具体案が見えました。
●従来のロールプレイングでのフィードバックは、「出来ている事を褒める」事はしていたものの、それよりも「不足点を漏れなくお伝えして改善する」ことや「他者を観て、自分を振り返る機会とすること」に重点が置かれていていました。
ロールプレイングのワークそのものの構成が「成功体験を積ませることが大きな目的の1つ」になっている事による効果(⇒より前向きに取り組めて、且つ自信に繋がる効果)の高さに改めて気づかされました。
●脳科学や心理学を取り入れた内容は、セミナー内容の信憑性を高めたり、受講者の興味を引く効果があると思いました。
●今回のセミナーを受講し、この内容を是非多くの組織の上位層に理解して頂きたい気持ちになりました。今までは社内人事部では自信が無くて、自分に経験のある分野である「女性管理職のみを対象とした研修」しか実施しないと上司に公言しておりましたが、今回のセミナーを参考に自分の職場にマッチする内容にカスタマイズ出来れば、(圧倒的な率を占めている)男性管理職のメンバーに伝授したい大変素晴らしい内容であると思いました。

医師(60代男性)

湯佐コーチは著名人だと聞いていましたが、こんなにすごい人だとは知りませんでした。
過去にいろいろな研修会やセミナーに参加しましたが、こんなに充実した楽しい会は初めてでした。サービスのプロは、お客様もスタッフも大切にする。医療の場では患者さんを大切にする。同じことですね。
いかにしたらサービスのプロを育てることができるのかという話で、目から鱗が落ちました。
湯佐コーチの笑顔がとても素敵でした。教え方も優しく丁寧でした。

販売(20代女性)

どれだけ自分の考え方や教え方が間違っていたかに気づきました。正しいと思ってやっていたことが人のモチベーションを下げていたことを痛感しました。もっと早くに知っていたらと思いましたが、今の私だからこそ湯佐コーチや他の受講生の皆さんのおっしゃることがスッと心に入り、実感できたんだと思います。
これからは教わった方法を実践しながら、楽しく働いてもらうことを一番に考えて、楽しく働ける環境作りをしていきたいと思います。
自分のミッションを再確認する良い機会にもなりました。本当にありがとうございました。

接客トレーナー(30代女性)

なぜ継続できないのか?なぜ統一できないのか?なぜ動かないのか?等々、さまざまな葛藤のなか教育をしておりましたが、今回のセミナーではまさにこの部分が解決でき、一歩踏み出せたような気がします。
これからは、目標をしっかり伝え、分かりやすい教え方で指導し、認めるスキルやフィードバックのスキルを磨きながら、❍❍継続(やってほしいことを言い続ける)を実行していきたいと思います。そして「この人のために頑張る」と、言ってもらえる人物になれるよう、私自身頑張っていきたいと思います。
同じ「志」をもった向上心の高い人達と学べたこと、そして素敵な先生との出会いに感謝いたします。

ホテル(30代女性)

同じように教育する立場の方たちとお会いすることが出来、セミナー以外(お昼時間)でも職場の人とどう接したらいいのか、どうアドバイスをしたらいいのか等話し合う機会があり、ディスカッションをしながらコミュニケーションをとることが出来ました。
また、分かりやすい教え方としてロールプレイングをしながら、良い例、悪い例、どこがポイントなのか等、項目を細分化し説明することでより分かりやすい教え方が出来たと思います。
セミナーに参加してよかったです。セミナーで学んだことを多くの人に伝え、よりよい環境で仕事が出来るようにしていきたいと思います。

教育業(30代男性)

日本のサービス業の品質は、世界でもトップクラスと評されています。一方「日本にはサービスのプロがいない」「サービスのプロを育てるノウハウがない」とも言われています。この矛盾をどう説明するのか?
思うに、
「サービスの品質=f(暗黙知,形式知)」だとすれば、日本のサービス業は、暗黙知に負うところが大きいのでしょう。このセミナーでは、暗黙知を明文化(形式知化)することを学びました。また、形式知化された知識を「分かりやすく教える」「具体的に教える」「フィードバックする」といった、伝授のスキルを学びました。さらに、行動科学的手法により、自らが高いパフォーマンスを生み出すとともに、他のメンバーもまた最高のパフォーマンスを発揮しうる環境をつくるという、メンタルな状態管理のスキルも学びました。
「必要なことは、企業の責任としてすべて教育する」という教えが、特に印象に残っています。大変な覚悟です。昨今の自己責任の原則とも逆行しています。しかしながら、「従業員はわが子。従業員の成長は、会社の義務であり、社会的責任」と、エクセレント・カンパニーは、みなそう考えています。企業規模は関係ないです。中小企業の社長さんで、そのような思想を持った方を、私は“立派な和尚さんタイプ”と呼んでいます。多重継続の手法に基づき、私も立派な和尚さんとして、世の中ため人のために働こうと思います。

飲食業トレーナー(30代女性)

このセミナーのあとから特に気になり始めたのですが、世間は 厳しくすること、 怒ること、 更には体罰もこれらを良しとするというか、むしろ推奨するような考えが溢れていますね。私も上司から部下にはもっと厳しく、優しくすると勘違いすると言われたりしました。私もちょっと毒されているのかもしれません。一人ひとりの可能性を信じて誠実に向き合うことで自分もまた成長していきたいと思っています。

教育担当(30代男性)

おかげさまで胸のつかえが取れた気分で 教育に励んでいます!!

目隠しをして進んで行く感覚にも似た以前に比べますと、とても身体が軽い気がします。

看護師(60代女性)

このセミナーで特別に印象に残ったことは何かを絞ることが難しいです。時間を作っては資料の読み返しをしています。項目の一つひとつに納得と、そうだったんだ!と共感し納得を重ねています。まさに多重継続です。
その中でも「精神的環境」についてこんなに分かりやすく、この難しい、でもとてもよく発生する課題を「横浜の焼き餃子とオーストラリアのOGビーフの出来事」で説明され、すっきりしました。今の環境で私の大きな悩みの一つでした。私は今年で64歳になります。この講義の後に「感情的に怒っても何も解決しない。これからは、今回の研修を思い出して、怒らないで冷静に対応しよう」と決心しました。日頃比較的穏やかな方ではと思うのですが、さらにそのことの大切さを知りました。現役をあと何年続けるか考えるこの頃です。とても良いタイミングで受講ができ、湯佐コーチにお会いし、充実した講義を受けられたこと…嬉しい、いや感激に近い気持ちです。本当にありがとうございました。
研修から2日、不思議に心が楽で、人と話すのが楽しみで(元来人好きですが…)そして心を大切にしながら話をしている自分を感じます。湯佐コーチの講義を思い出して、相手の方の目を見て、微笑んで、時々うなずいて、できるだけ受け止めようと努めて、相手の気持ちに近つけているかを意識して…。継続は力なり…頑張ります。

医療ソーシャルワーカー(50代女性)

このセミナーで印象に残ったことは、詰め込み式でなかったこと。講義を聴くだけでなく、体験(ロールプレイ)し、実際に職場に帰って実践することが期待されていることが良く伝わってきたこと。12名の仲間が、みな真摯であったこと。
サービスのプロを育てる、といっても、接遇をこう教えましょう、というものとは違ったこと、職場で人に対人サービス系の仕事を教えることの本質を教わったように思います。
視覚から入ることの重要性を理解できたこと。
上司から部下に、自己紹介をしたり、何かあったら相談に来てほしい、約束してくれますか、という、というロールプレイでは、実際に相手に本当に相談に行くだろう、という気持ちにさせられました。必ず取り入れよう、と思ったひとつです。

サービス業(パチンコ店)(30代男性)

今まで「叱ることよりも○○することが大事」と漠然とした印象で思っていたのですが、今回のセミナーで具体的な理由で大事であると分かったことで、自信を持って部下の指導を行うことができると感じております。また良い事例だけでなく、悪い事例も聴く事ができて、接遇の重要性を改めて感じました。
今回のセミナーを機に、色々と取り組みたいと思った点はあったのですが、まずは、会社の「ミッション」を明確にすることから始め、次に「分かりやすい」を意識した手順書の準備、それを元に新人、部下の指導を○○すること中心に根気よく繰り返し行い、結果的にカスタマーディライト(顧客感動)と従業員満足の両立を目指して行きたいと思います。

会社員(50代女性)

初めは「知らない人と2日間で仲良くなれるわけがない」と思っていたのに、いろいろなテーマで意見を交わしあううちに、自然に仲間になっていきました。
参加している人たちが前向きに学ぼうとしている姿を見て、教育ってもしかしたらとても楽しいことなのではないかと考えるようになりました。
少しずつほぐれてきた私は、「分かりやすく教える」という手順がわかっていれば、簡単なことなら私にもできるかもしれない。多重継続も簡単なテーマからならいろんな継続アイデアを出せるかもしれない。日常の何気ないシーンでちょっとだけ良いことをするのって、楽しいかもしれない。などと考えるようになっていました。
2日目の3時ころ、私はとても淋しくなりました。あと2時間でみんなとお別れなんて・・・。もっと一緒にいて、この時間を過ごしたいと思っていました。でも私は来た時より本当に元気になって、「アンパンマンマーチ」を口ずさみながら、にこにこして家に帰ることができました。

会社役員(40代男性)

今までの考え方とは180度違う視点で物事を捉えられるようになりました。最近の若い人は・・・などと何時の時代も言われていますが、教える側がダメだったと気づきました。
ロールプレイで、教える立場、教わる立場になることを体験してみて、相手には丁寧に伝えることの重要性が体感できました。社員、家族に対し尊重する気持ち湧きました。とにかくカルチャーショックの連続でした。

フィットネスクラブ教育担当(40代女性)

教育を担当する者としての心得を学べたことは、非常に大きかったと感じています。接客の基礎をどのように研修していくのか・・・という以前に、スタッフの自己基盤を確立するのは何かを知ることが出来、改めて研修設計を見直すことが必要であると気づかされました。
参加者どうしの距離感を一気に近づける仕掛け、環境創りなど、今後の研修でマネをしたいところも盛りだくさんで、こちらも非常に勉強させていただきました。人間の最大の力は「模倣する力」。細やかな心遣い、さりげない言葉がけ・・・。湯佐コーチのマネをさせていただきます。

会社員(40代女性)

昨年この私が新規アルバイトさんに接遇についての説明会をしました!が自分自身よくわらない内容に終わり落ち込んでました。今年も3月に説明会があり、どうしようかと思っていたところ、セミナーを見つけ参加しました。
今まで自分がうまくできなかった経験、どうしてそうなってしまうのかという疑問がいろいろ解け、スッキリしました。
教えて頂いたことを参考に今度の説明会の案を練っています。昨年のわけのわからない内容とは違う、聴いている人が分かりやすくて楽しめるものにしたいと思ってます。
セミナーの内容は、そのまま人間の生き方ですね。上手く生きられない私ですが、これからはもうちょっと上手に人と交えるかな~と思いました。

会社員(40代女性)

常にリラックスした状態を維持できたこと、少人数制であったこと。初めての外部セミナーが、湯佐コーチのセミナーでよかったと思っております。 あまりに、あっという間の二日間で、5日間位あればよいのに…と思ったのが本音です。 【楽習】という考え方に賛同しています。仕事も学びも「楽しくやる」事を目標にチームを組んできました。人生の多くの時間を、苦行にならない環境を作っていくのが自分の役目であること。かつ、それは自分のグループだけでなく、弊社の文化になるまで発展させていきたいと思います。誰もが、ハッピーな仕事ができるよう、頑張ってまいります。 
 
 

ヘアサロンチェーン教育担当(40代男性)

ここでの学びはおそらくどのような業種であっても、接客の現場やスタッフの教育担当者であれば、身に付けておくべき知識や考え方の宝箱だと思います。特に私の場合は、自社のサービスマニュアルを刷新するミッションも間近に控えており、様々な部分で大変参考になりました。
また、前回受講したサービスプロフェッショナルの内容が、さらに腑に落ちる形で納得できました。これまで自社で行っていた教育というものが、全くもって「教え、育てる」ものではなかったのだと、痛感しています。
全ては人ありき、ここでの学びを自分のものにして、部下と共に自分も成長していける醍醐味を私は必ず味わうのだ。そして、湯佐講師に自慢したい!「うちのスタッフ、すごいでしょ?」って。

アミューズメント管理職(40代女性)

今まで教える内容について学ぶ機会はあっても、“教える方法”について学ぶことがありませんでした。
分かりやすいとはどういうことか、また部下との関わりなどトータルで教育する者に必要なことが学べる研修でした。
研修の中でディズニーでのお話を聞いていて、良い意味での厳しさがあるからこそ、本当の意味でみんなが楽しく働けるのではないかと感じました。
妥協せずに、徹底してみんなが同じ目標に向かっていけるからこそ
楽しいのですね。
「厳しい」の意味を履き違えてしまうと、とたんに苦痛になって、楽しさは消えてしまいます。
この「妥協しない」がなかなかできていないことが、自社の課題です。まずは、社内での研修で「分かりやすい」を実践していこうと考えています。
今まで現場との連携が取りにくかった部分も解消できそうです。

飲食業 課長(50代男性)

これまで自分の会社で行ってきた指導方法、職場環境の創り方とまったく異なるやり方を知った。ここまで違うのか・・・と正直呆然とした。あれから月日がたち、亀の歩みではあるが少しずつ社内教育のあり方、管理職者の部下への接し方を改善している途中。最前線で働くスタッフの表情が以前より明るく、楽しげである。このまま継続したい。継続しなければ、と強く実感している。

教育担当(40代女性)

今回受講して、前回の「サービスプロフェッショナル」から一本の線がしっかりつながりました!!!
前回も、うんうん、そうなんだ!納得!ということばかりだったのですが、今回も「育てる技術」というのはこういうことなんだと改めて思うことばかりでした。
育てるためのポイント、研修のポイント等分かっているのといないのとでは、教育にきっと大きな違いが出るであろうとつくづく感じ、受講して良かった!と改めて心から思いました。
今回も素晴らしいセミナーを本当にありがとうございました!!!
受講した翌日から早速いろいろ意識して仕事に臨んでおります。今後のいろんなレスポンスが楽しみです!!!

ベンチャー企業設立準備中(30代男性)

【この2日間での学びをあなたの生活・仕事でどのように役立てられそうですか?】

私も大きな目標を立てて一流の組織を作りたいと、ますますワクワクしてきた。今までは「人ってめんどくさー」と思ってきたが、最初に自分を変え、見方を変え「自分がまず人に貢献」しなければいけないとつくづく思った。
また、ウオルト・ディズニー氏の「細部を失ったら全てを失うことになる」という言葉にドキッとしてしまった。よく仕事で手抜きをしたことがあるので・・・。これからは目標に忠実にいて、妥協をしない決心をした。

【印象に残ったこと、感想】

「何を学ぶか」ということも大事たが「誰に学ぶか」と「何のために学ぶか」も大事だと思う。
MBAを学ぶことも考えたが、何か違うなと思った。それよりも信頼できる人から大事なことを分かりやすく教わったほうがはるかに身につくはずだと考えた。人を導くための基礎をしっかり学んだという気持ちが強い。
この日で「努力と根性」の世界は卒業した。本当に私にはもう必要がない。
圧倒的なスケールと速さで成長する姿を見せることによって他の人の目標となる、このようなリーダーになる。

駐車場管理員教育係(30代男性)

今まで、いかに「精神論」「人間操縦型」で、仕事をしてきてしまっていたか。と認識することが出来、学んだ「行動科学的手法」「成長支援型」を用いて、仕事に取り組んでいこう。と決意しております。
また、社内的に、自己基盤となる3つの要素が、あいまいだった事に気付かせて頂き、見直して確立することで、ミッション・◯◯◯◯◯・◯◯◯◯◯に結びつけていきます。
実践方式の、分かりやすい教え方(伝え方)は、非常にためになりました。
今回2回目の受講となりましたが、改めてアットホームな雰囲気でリラックスして、集中して学べました。時間もあっという間という感じで、もっともっと「人間の本質」等を学びたいというのがあるで、3回目4回目とプログラムを組んで頂ければ、是非とも受講したいです。今後とも、宜しくお願い致します。

教育担当(30代女性)

【この2日間の学びであなたが職場で実践しようと思うことは、どのようなことですか】

・新人スタッフの器に合わせた教育の流れを作り、精神論(やる気!根性!)に頼らない人材育成を行います
・各店舗で新人・後輩スタッフを教育する立場にあるスタッフに、教え方について『わかりやすく』『具体的に』『簡潔に』伝えていきます
・今の職場には明確な行動◯◯がないので、行動◯◯を作ります
・今までやっていた社内研修を、受講者が受け取りやすい内容に見直します
・スタッフとのパートナーシップを築きます(特に、定期的に直接接客指導を行っている新人スタッフ2名とのパートナーシップを築きます)
・ストーリーテリングを意識し、ネタ帳を作り、教育の場に生かします
・高い成果をあげられる状態を維持していきます
・職場内にいい環境と状況を作る努力を続けます

【印象に残ったこと、感想】

職場でスタッフの教育がうまくいかない理由が明確になったと同時に、新人スタッフが育たないのは、教育する立場である私たちの責任だということを痛感いたしました。
このセミナーでは、自分や職場の問題点や課題が見えるだけでなく、そのために何をすべきか、どうしたらよいのか、といった方法も具体的に分かり、セミナーが終わった時には学びから得た今後のアイディアが次々と浮かび、今まで以上にやる気に満ちた状態でした。
また、日頃話を伺う機会の少ない他業種の方と共に学べる点も、このセミナーの大きな魅力ですね。一緒に受講したみなさんから学んだことも多くあり、貴重な時間を共有できたことに感謝いたします。

看護師(40代女性)

*人を育てるためには、人を育てる教育を受けることが大切であること。
*人間の行動、脳機能、心理から人を教育するとうまくできる事に、根拠を感じ、とても感銘をうけました。職場内でこの学びを共有できるように伝達をしていくこと。日々の仕事の姿勢を正し、皆の見本になることを心掛けていきます。
*湯佐コーチに出会えて私の人生も変わったと報告が出来るように頑張ります。コーチから本当にパワーを頂きました。ありがとうございました。

小売業 副店長(30代男性)

「分かりやすい教え方」は実際に日常業務へ取り込んでいます。現在の職場において、新入社員が7名います。これまでは、複数の同僚に指示や説明を行うときは、言葉を選ぶことなく、自分自身の思いや主張を全面に押し出す傾向がありました。しかし、セミナーを受講して物事を複雑にせず、簡潔にだれが聞いてもわかるように、相手の立場に立って話をする必要性を実感しました。
受講したことを意識し、実践することで、新入社員が理解し、業務を遂行できたことを確認できると、あらためて「セミナーを受講したからこそ!!」だと実感します。
何事も習慣になるまで意識し、継続して取り組みます。

管理本部(30代男性)

【印象に残ったこと、感想】

私は、今の仕事で何を成し遂げたいのか?現在会社に求められている事は何なのか?を深く考えさせられた2日間となりました。なかでも物の見方や考え方の基本となる◯◯◯◯◯、◯◯◯◯はこれまでも大切だと感じていながら、現状に追われて目をつぶっていた部分でした。湯佐コーチはセミナーの中で「自分ひとりからでも出来る」とおっしゃいました。私は何かしら言い訳をして長期的な視野で物事を見ていなかっただけだと思いました。私の言葉で、態度で、あるべき理想を表現していきたいと決意しました。

医薬品メーカー 教育担当(30代男性)

前回の『サービスプロフェッショナル』がNLPというエビデンスをもとにした、人間関係を円滑にする本質(奥義とも言えると思います!)を学ぶセミナーで、今回は「人を育てる」ための手法を具体的に学ぶセミナーであった印象です。
現在の私のミッションである、人材育成(営業部社員への教育)に大いに役立てることができると考えます。新入社員教育にはじまり、2年次研修、3年次研修そしてマネージャー研修等々様々な階層に対して様々なテーマで育成を行っておりますが、このような厳しい市場環境においては、これまで通りの営業スタイルでは期待する成果を上げることができなくなっています。今の時代は『メーカーもサービス業である』感覚が必須です。従って我々メーカーの営業社員も「サービスのプロフェッショナル」でなければ使命(ミッション)も成し遂げることができません。今回のセミナーでは、「教える」ことの本質を学ばせて頂いたと思います。
また、具体的な研修運営法もご紹介下さり、今後内製化にて研修をすすめる際に大いに参考にさせて頂きたいと思いました。

[電話応対の教え方]を受講した方の感想です。

鍼灸師(40代女性)

部下に教えるために参加したのですが、まず自分が全く出来ていない事に気がつきました。
電話での話し方以前に、人としての礼儀、敬語の使い方など、基本的な事も出来ていませんでした。
それに気がつけたのは先生がテクニックだけでなく、マナーの本質を伝えようとしてくださっているからだと感じました。
私が部下にマナーを教えても浸透しないのは、私が人としての礼儀やマナーの本質を理解出来ていなかったからだと気がつきました。
まずは自分ができるようになり、部下に見本を示して、本質もテクニックも両方伝えられればと思います。

管理職(40代男性)

受講前は、「電話の対応だけで、丸一日もすることがあるのかな」と思いながらの参加でした。受講してみるとこんなにもいろいろ覚えること、気を配らなければいけないことがあるのかと、学びと驚きの一日でした。

受講者数が少なかったので疑問・質問を全て伺うことができ、終了時は完全燃焼することができました。

今回の研修は「電話対応の“教え方”」ですのでこれからが本番だと思っております。
受講後に資料を見返してみると、湯佐先生が教えてくださった内容をどれだけ同僚・部下に伝えることができるのか…。とりあえず先生の教えの通り、数をこなしてみます。
早速、今日の朝礼で滑舌運動を社員と実践しました。まだまだ私の滑舌が・・・ですが、
毎週二回は朝礼で実践し、トレーニングしていきます。

事務(30代女性)

セミナーの厳しい!、怒られる!というイメージを払拭。
初めての参加でセミナーが始まる前に初対面の受講生の方とお話をする時間があり「とにかく、楽しいセミナーだからあっという間ですよ」と言われて緊張がほぐれ、その受講生の方の言葉通り楽しいセミナーでした。
受講生の皆様とは、初対面でしたが電話対応のセミナーに対して同じ志で受講しているのもあって受講生の方からも学ぶことがありました。また参加したいです。

スポーツクラブ店長(30代男性)

自身3度目のセミナーであったため、終始自分のペースで落ち着いてセミナーに参加することができたと感じています。研修中に思いついたアイデアや実践してみようと考えた事、具体的にどうするか?などをメモしながら受けさせて頂きました。 電話応対の内容はもちろんですが、どんな研修方法が効果的なのか? 研修を実際に受けながら勉強させて頂きました。
また湯佐コーチのセミナーは質問や意見がしやすく、自分が不明確なものがクリアになって帰る事ができます。

ホテル副支配人(30代女性)

電話応対は、社会人としてのスキルを磨くための要素が多数含まれており、社会人としての仕事を伝える素晴らしいチャンスであると実感しました。新入職員には電話をとる機会の有無に関わらず丁寧に教えていくべきだと思いました。春の新入職員研修から学んだことを活かします。一流を目指したいと意欲が高まりました。
また、このセミナーは楽しく安心して参加できる雰囲気づくりが素晴らしいので、あっという間に時間が過ぎます。そのような運営方法も身につけたいと思います。

総務部経理部長(50代女性)

5年間迷っていましたが、思い切って参加できて本当に良かったです。
人見知りの私としてはすごく不安でしたが、本当にすぐに他の人たちと話すことができて良かったです。
電話応対はしっかりできていると思っていましたが、セミナーを受けて、井の中の蛙だったことが良くわかりました。
滑舌の練習は、1回行っただけでも違うと実感しました。いつも電話に出た時に言えなかった言葉も、滑舌の練習をすることで言えることが分かりました。
このセミナーに参加したことを社長に伝え、これまでの自分の総務経理部の業務以外にも、電話応対も含めて、今後の会社のためにも、一流のサービスを目指して、スタッフの教育ということも行いたいと考えていることを理解していただきました。
   
電話応対のセミナーということではなく、自分を変えるということで、一歩前進できたことを大変喜んでいます。
   

[社員育成の基本 1DAY (旧タイトル 上手な部下の育て方)]を受講した方の感想です。

鍼灸師 店長(40代女性)

スタッフにマナーを浸透させたいと思った時、どうやったら礼儀正しいスタッフに育てられるのか…その事ばかり考えていました。

その頃はマナー教本通りに、お辞儀は30度などと形ばかりを教えていましたが、思ったような成果がありませんでした。

湯佐コーチのセミナーでは、マナーよりも前に大切な事があり、それを働く人達に伝えなければ教育はうまく行かない事を教えていただきました。
働いている人達が仕事を喜びに感じてもらえる、そして職場にいる事自体がうれしい、そんな風に思ってもらえるような職場作りをまずしなくては!と思いました。

そしてスタッフにここを改善して欲しいなと思った時、どんな風に声をかけたら良いのかわからなかったのですが、そんな時の魔法の言葉を教えていただきました。
これはスタッフだけでなく、自分のためにもなる言葉なので実践して自然に出来るように身につけたいと思いました。

こののセミナーでは、私の石頭をかち割ってくれるような価値観を与えてくれました。
新しく生まれ変わった気持ちでスタッフ教育に取り組んで行こうと決意いたしました。

医師(40代男性)

少人数で、分からないこともその場ですぐに回答して頂けるので理解しやすかったです。
また途中休憩が細目にあり、集中力が切れにくいように設定されており、非常に良かったです。

このセミナーに参加して、部下を育てる前に、自分自身に何が不足していて、自分の職場にも何が不足しているのかが具体的に分かりましたので、すぐに実践しようと思います。

ちなみにセミナー翌日の自分は、肩が軽くなり、言動も軽くなるという不思議な感覚を体験しました。スタッフにも優しい自分とか、仕事とは無縁の両親にまでも優しくなっている自分を発見しました。たった1日なのに、心身ともに変化があり、このセミナーの威力を感じました。

製造業・営業職(20代女性)

標準作業手順書のサンプルがテキストに盛り込んでありましたので、ここまで詳しく決めておくのかと驚くとともに、ここまでやっておくからこそ、「誰でも・間違いなく・できる」状態を作れるのだと思いました。営業職ですと、個人個人のやり方で仕事をしているケースが多く、互いのフォローがしにくいというのが、私の職場の課題となっています。その課題解決にも良い方法だと思いますので、職場で提案してみようと思います。

窓口業務(40代女性)

一番の収穫は、自分と同じような部下をもった受講者の方のお話を聞けたことです。
イライラするとキツい態度になってしまうことはわかっているつもりでしたが、第三者の話を聞いて、改めて自分自身に納得することができました。

再受講でしたので、理解が深まったと思います。作業の仕方や手順を伝える際、何の為にやっているのかということも一緒に伝えないといけない(目標設定)と日々心がけていますが、出来る時と出来ない時があります。

言葉で伝えるのが一番なのかもしれませんが、例えばgoodと親指を立てる動作で認めていることを伝えるなど意思疎通をはかっても良いと思いました。

チームワークを強固にする為に、○○に力をいれたというお話はとっても興味深かったです。湯佐コーチのセミナーを受講して、サービス業はその人の人間性によるところも大切と学びました。

このページのトップへ戻る

現在地:トップページ受講者の声