接遇研修・マナーセミナーのマナーセンス(講師:湯佐弘子)

お辞儀や敬語以外の接遇能力を高めたい方に

元ディズニーブランドホテル教育担当/総支配人代行、シティホテルのコンシェルジュなどさまざまな経験をもつ
サービスプロフェッショナルコーチがあなたを理想の姿へと導きます。
マナーセンスで学べるプログラム例

  • 実践的な心理学(NLP)と脳科学
  • 人の状態を察知する力
  • 接遇・おもてなしで最も大切なこと
  • サービス哲学
  • モチベーションを高めるペップトーク
  • 行動科学的な教育方法
  • 心の状態管理方法

人気をはくして11年目の公開セミナー

マナーセンスの接遇セミナーは、意欲ある30代、責任ある40代、影響力ある50代以上に人気!
その特長とは

  • 笑いある楽しい学びの場
  • 体験ワークが多くあっという間に時が過ぎる
  • ひとりでも安心して参加できる
  • 参加者の年齢層が高い
  • 若い女性ばかりではないので男性も安心して参加できる
  • 恐怖のスパルタ式ではなく、モチベーション上がるペップ式
  • 講師が経験、知識ともに豊富

男性と女性

私たちは、夢が叶う世界に生きています。美しい明日を信じて、進化に向かって前進しましょう
ウォルト・ディズニー

人生とはサービス(貢献)である

上記は、ホテル王スタットラーの言葉です。
サービス業をスポーツに例えれば、フィギャースケートです。
フィギャースケーターはその華やかさで人を魅了する一方、タフな精神と肉体の持ち主です。
サービスのプロも同様に、どんな状況であってもさわやかな接遇でお客様の気分を一新します。

あなたがしていることは、誰かに貢献しています。
あなたの貢献が誰かを救うこともあれば、誰かの一生に変化を起こす貢献にもなります。

ささやかな貢献の積み重ねが、いつしか偉大なる貢献となり、その偉大なる貢献は、時と場所を越えて多くの人々に広がっていきます。

すぐに身につけたい ペップトークとは

一昨年、櫻井翔さん主演ドラマの中で“ペップトーク“が扱われました。教師が生徒にペップトークすることで生徒が前向きになり、学校全体が活気にあふれるというストーリーでした。現在放送中のNHK朝ドラ「まんぷく」ではヒロイン福子がペップトーカーとして描かれています。(脚本家 福田康氏談)

ペップトークのPepは、元気・活気・勇気という意味です。

↓ペップトークの効果についてPDFでダウウンロードいただけます
ペップトークで得られる効果

マナーセンスでは2014年からペップトークを各職業のプロが活用できるようオリジナルのプログラムにし、公開セミナー、企業、病院、介護施設でお伝えしています。

私たち日本人は昔から、家庭でも職場でも厳しい言葉がけをすることが教育であると信じてきました。

しかし、実際は相手を委縮させ、やる気や可能性を奪うことの方が圧倒的に多いことも知っています。

それが人の成長を妨げる原因です。

相手をよく観察し、最適なタイミングで、最適な言葉がけをすると子どもも大人も勇気づけられ、実力と潜在能力を発揮しはじめます。

厳しい言葉がけをするかわりに、肯定的な言葉がけをする。

相手が困難な状況のとき、その辛い気持ちに寄り添う言葉がけをする。

緊張や不安に苛まれているとき、安心させる言葉がけをする。

ここぞという時、背中を押す言葉がけをする。

ペップトークは、公開セミナー企業研修、講演会で学ぶことができます。

イメージガール

プロフェッショナルを伸ばします

思いやりの心

健全で効果的な教育方法が学べます

接遇マナー、接客サービスの研修というと、厳しい態度と口調で教えるのがいい・・・今だにそう思い込んでいませんか?

私たち日本人は、悪しき風習から完全に卒業する時です。

教える側は「教えることはやり甲斐がある」
教わる側は「学んで成長することは楽しい」と感じられる健全な指導力を身につける時です。

甘やかすのではありません。目指すゴールまで、妥協はしません。

礼儀正しくしてほしいなら、こちらが礼儀正しく、

優しさを身につけてほしいなら、こちらが優しく、

優雅さを身につけてほしいなら、こちらが優雅に教えます。

手本を見せることは、いくつかある教育方法のひとつではなく、
唯一の方法である。

これはアインシュタインの言葉です。

人間は、体験がすべてです。

人間の心理を捉え、行動科学的な方法で、誰でも優れた接遇者になれるよう導きます。

たとえば東京ディズニーリゾートのキャストは、

上司や先輩からキツく叱られたり、けなされたり、辛く当たられることなど一切ありません。

そのような職場環境だからこそ、キャストは安心してのびのびと働いています。

どうしたら“お客様をしあわせにできるのか”その一点に集中し、キャスト自ら考えてそこにひたすらエネルギーを注ぎます。

これがディズニー教育の特筆すべき点です。

その方法は、ディズニーランドでなくてもできるのです!

私たち日本人の多くは残念ながらスパルタ式しか知らず、それ以外のやり方を見たことも学んだこともないのです。

早くひとりでも多くのみなさまにこの方法を広め、サービス業で働く人々が心から「接遇は楽しい!」と感じられる日本にしたい。それが私の切なる願いです。

「サーービスプロフェッショナル」をはじめ他のセミナーでその方法をお伝えしています。

マナーセンスの特長のページで続きをご覧ください。